マレーシア移住をサポート
MM2Hビザ申請、物件管理、移住、事業進出サポートなど、
マレーシア、ジョホールバルにおけるライフスタイルをトータルコンサルティング

MM2Hビザに対する正式見解をマレーシア政府が発表!

 2020/08/05     

 2020/08/26

ジョホールバルより、こんにちは。こちらマレーシア情報局です!

今回は、MM2Hビザ一時停止に関する続報をお届けします。

過去の関連記事はこちらになります。

マレーシア政府からのMM2Hの一時停止に対する見解が8月4日に発表されました。

前回の発表が7月3日でしたので、約ひと月後の追加発表となります。

MM2Hビザは、マレーシアに長期滞在を許可されるビザとして人気のビザで、マレーシアが日本人の移住先国として注目されている理由の一つになります。そのビザが、マレーシア政府からの通知により、申請受付を停止することになりました。

この1ヶ月間、我々MM2Hビザのエージェント協会では、協会をあげて正式なクレームを政府に提示してきたり、議会でも話題に取り上げてもらったりとMM2Hビザの通常運営に向けた取り組みを行ってきておりました。

そうした取り組みに対する政府の正式見解として今回の発表になるのかと思います。

見解からすると、以下の3点が語られています。

  1. ・MM2Hビザは将来継続される
  2. ・申請条件は他国のプログラムも参考に見直す
  3. ・申請中の方の手続きは行わず、新しいプログラムでの対応

弊社としては、若干諦めておりましたので、この見解は、再度駄目押しされた内容かなと思います。。。

***以下、翻訳内容***

MM2Hプログラムの一時停止について

  1. 1. 政府はMOTACと関連機関によるMM2Hプログラムの見直しのため、新型コロナウィルス拡大防止で外国人の入国規制と同時に当プログラムを一時停止することを決めました。
  2. 2. 今回の見直しは申請者条件、インセンティブ、他国にある同じようなプログラム、例えば「Citizenship by Investment (CBI)」や「Residence by Investment(RBI)」等との比較などが重視されます。
  3. 3. 当プログラム一時停止中、MOTACや関連政府機関が影響を受けるため、新規申請、提出済申請の処理を行いません。
  4. 4. 提出済の申請者は、当プログラムが再開してから再申請をすることが可能ですが、新しい条件での申請となります。
  5. 5. MOTACは今回の見直しは今の時代に相応しいもので、全ての希望者に対してメリットのあるプログラムであることを保証します。ご理解とご協力をお願いします。

***ここまで***

※オリジナルの文書(マレー語)はこちら

今後は、新しいプログラムが早く発表になるように待つしかないですね。

近い将来、MM2Hビザプログラムの申請受付ができるように願っています!

MM2Hプログラムの詳細はこちら

トップに戻る