マレーシア移住をサポート
MM2Hビザ申請、物件管理、移住、事業進出サポートなど、
マレーシア、ジョホールバルにおけるライフスタイルをトータルコンサルティング

MM2Hエージェント協会の年次総会が開催されました

 2020/08/26     

ジョホールバルより、こんにちは。こちらマレーシア情報局です!

8月22日にクアラルンプールにて、MM2Hエージェント協会の年次総会が開催されました。

今年の総会には、137社のエージェントがマレーシアの各エリアから集まり、この総会に参加しました。弊社IKI LINKS (MM2H)もマレーシア公認エージェントになりますので、この総会に参加させていただきました。

ちなみに、マレーシアで活動する日系のMM2Hビザエージェントは弊社以外にもございます。以下のサイトより会社名を検索することで現在有効なエージェントを確認できます。正式ライセンスを持っている業者かどうかは、個別にご確認ください。

≫ マレーシア政府公認MM2Hビザエージェントリスト

弊社は以下のページでライセンス証を公開しております。

≫ IKI LINKS会社概要

例年ではこの年次総会も5月ごろに行われるものになりますが、今年はコロナの影響により、8月まで延期されていました。

今回の総会では、現在の状況のシェアや2年ごとに変わる運営委員の選任なども行われました。裏話として、この総会前には、「今年はもっと積極的に政府とコミュニケーション取れるメンバーで委員を選定するべき」という意見もあり、設立後初めて、2つのグループによる投票が行われる結果となりました。

2つのグループによる投票といっても、MM2Hエージェント協会内で不協和音があるかといえばそんなことはなく、それぞれが今の協会にベストではないかと思っての行動の結果です。

そのため、2つのグループによる投票が行われる前に、「我々は家族としてひとつだ」という声があがり、新しい運営委員にこの協会のメンバーを一丸団結するよう求める声がありました。

結果としては、これまで運営してきている委員のグループがそのまま信任を得て、これからの協会の舵をとることになりました。最初の会合も早々に開かれる予定ですので、今後の動きに注目していきたく思います。

私どもも、今回の総会に向けて多数のエージェントとコミュニケーションをとってきておりますが、多くのエージェントの希望は大方以下になります。

  • 希望① :
    すでに提出済みの申請者に関しては、今まで通りの承認手続きをお願いしたい
  • 希望② :
    新しいMM2Hの条件が、これまでより高すぎないようにしてほしい

新しい委員としても、こうしたエージェント経由での真のお客様の意見に沿って活動していく見込みです。

今後も新しい動きなどありましたら、情報共有してまいります。

今しばらく、状況の改善に向けてお時間頂戴できればと思います。

MM2Hビザ申請条件などの詳細はこちら

トップに戻る