マレーシアでの物件運用や所有物件のメンテナンス
マレーシアでの物件運用・物件管理、移住、事業進出サポートなど、
マレーシア、ジョホールバルにおけるライフスタイルをトータルコンサルティング

マレーシア・ジョホールバルでの不動産購入

マレーシア・ジョホールバルでの不動産購入

自身のライフスタイルを考える

ジョホールバルにオフィスを構える弊社には、日本人スタッフが在籍しています。そのメンバーはそれぞれの思いでジョホールバルを今の時期の生活の場として選んでいるわけですが、それだけジョホールバルという場所は、日本の皆さまにとっても生活の場として魅力のある場所だと思っています。

一つあげるとすれば、「のんびりしているけど、都市としての安心感がある」というところでしょうか。

ジョホールバルはマレーシアに位置しますので、マレーシアの魅力で言われている全ての要素を含んでいる場所です。「日本文化に興味を持つ人が多い」、「気候が安定している」、「ローカルの食事が美味しい」、「物価がとても安い」などが言われていますが、そうした要素を含みつつ、「のんびりしているけど、都市としての安心感がある」のがジョホールバルの魅力かなと思っています。

マレーシアでの居住空間の検討

そうした魅力ある場所としてのジョホールバルに一定期間住んでみたいという場合に、まずはサービスアパートメントを活用しての短期滞在をしてみる、あるいは賃貸物件で生活してみるということをお勧めしています。そうした短期滞在を通じて、自身の生活スタイルに合致しそうか、自分がしたいことができそうか、などを検討いただきたいです。

そうした経験を踏まえて、中長期でジョホールバルを生活の場にしようとお考えであれば、ご自身のお気に入りの家を見つけて、住まれることが良いかなと思っております。

ジョホールバルの不動産は、外国人が購入できる物件としてはRM1,000,000以上のものに限定されてきます(エリアやプロジェクトにより、この限りではない)。 安いと感じる方もいれば、手が出ないと感じる方もいるかと思いますが、現地の人の意見では、長期で住むなら、自分の資産として所有しておくことは普通の考えのようです。

ジョホールバルには、日本でいうマンションに該当するコンドミニアムという形態の物件があります。コンドミニアムには、プールやジムといったファシリティが備わっており、お部屋からすぐにそうしたファシリティを活用することが可能な住空間になります。 また、戸建ての家も多数あり、こちらではファシリティは充実していませんが、プライベートな空間を楽しめる家が多数あるのが特徴となっています。

不動産購入の方法の数々

マレーシアで外国人向けの不動産が販売されたのは、2000年代に入ってからでしょうか?それまではローカル向けの物件が多数を占めておりましたが、徐々に外国人向けの不動産も多数建設され、販売されるに至っています。現在では、供給過剰なマーケットになっているとも言われています。

こうしたマーケットで不動産を購入するのはリスクも存在しています。そのため、不動産を購入される場合には、しっかりと検討の上で、購入されることをお勧めしております。

マレーシアで不動産を購入する方法

デベロッパーからの購入

新規物件として購入することが可能で、デベロッパーからのざまざまなメリットを享受することができます。例えば、弁護士費用がかからない、管理費が2年間免除される、内装をつけての販売になるなど、デベロッパーにより色々なメリットを用意してくれます。その分、物件価格はマーケティング費用なども含めた価格設定になっています。また、プロジェクトの時期により、住めるようになるまで時間を要する可能性も出てきます。

購入者からの現物物件の転売

すでに出来上がっている物件を内見した上で、実物を購入することが可能です。内装をすでにつけている購入者もいれば、内装がない購入者もいます。現物物件のメリットは、内見で見た状態のものをそのまま購入できるということで安心感があり、また住み始めるスケジュールも組みやすくなります。

Rent to Own

最初は賃貸契約で住みつつ、2年後にその物件を購入できるというスキームの契約になります。もちろん、途中で予定が変わってしまった場合などはキャンセルすることもできます。

銀行ローンの利用

マレーシアでは、外国人でも不動産購入のための銀行ローンを活用することができます。しかしながら、年々銀行ローンを受けるための審査は厳しくなってきており、誰もが銀行ローンを使える訳ではなくなりつつあります。 最低条件として、「MM2Hビザを取得していること」を条件にしている銀行も多く、銀行ローンを活用するのであれば、「MM2Hビザ」も合わせて取得しておく必要があるかなと思います。 また、銀行ローンが使えたとしても、60%ぐらいの融資になっておりますので、頭金としては40%ほどの現金を用意することが必要になります。銀行ローンを活用される方の属性にもよりますので、60%の融資が上限でも下限でもない点はご了承いただければと思います。

不動産購入のご相談

ジョホールバルでの不動産購入をお考えの方は、弊社に一度ご相談ください。弊社は長年ジョホールバルでの不動産市況を見てきておりますので、お客様のご予算や購入目的などに合わせてお客様にとっての最良の物件をお探しし、購入をお手伝いさせていただくことが可能です。

お問い合わせ

トップに戻る
Translate