マレーシアでの物件運用や所有物件のメンテナンス
マレーシア不動産運用、移住、事業進出サポートなど、
マレーシア、ジョホールバルにおけるライフスタイルをトータルコンサルティング

内装デザインの施工

内装デザインの施工

新築物件の内装施工

物件の引渡し、チェックが終わると次は内装工事を手配する必要があります。マレーシアの物件は「スケルトン」と呼ばれる配線もむき出しのままの何もない状態で引渡されるので、住むにも運用するにも内装をつける必要があります。どんな内装を施すのかは、自己使用されるか賃貸に出すかによって異なってきます。 自己使用であれば、オーナー様が住んで心地の良い内装をつけるのがよいですが、賃貸に出す物件の場合はあくまで”賃貸のつきやすい”内装を意識する必要があります。どんな人でもテナントとして入りやすく、のちに売却を考える際にも対応がしやすい内装がついていると投資物件としてはリターンが得られやすくなります。

現地の内装業者と連携した内装施工

弊社は現地の複数の内装業者と信頼関係を築いており内装デザイン、工事作業を委託しています。賃貸に出す場合はコストを抑えながらも賃貸がつく内装を、自己使用とする場合はオーナー様のご要望を丁寧にヒアリングしイメージのすり合わせを綿密に行った上で、ご満足いただける内装を施工します。

弊社が施工した内装デザイン一例

物件価値を高める実績ある弊社の内装施工

弊社はこれまで約200戸以上の内装デザインを施工しています。
弊社が内装を請け負う上で大切にしていることは、内装をつけることによって物件の価値が上がるような内装を施工することにあります。特に投資用物件の場合は、賃貸に出す際または転売に出す際に対応が容易な物件であることが、結果としてよいリターンへと繋がります。弊社が内装施工した物件では、施工前より施工後の賃料の引き上げに成功した例もあります。
こうした付加価値としての内装を施工していくことでお客様にご納得、ご満足いただけるよう努めております。

お問い合わせ

トップに戻る
Translate