マレーシア移住をサポート
MM2Hビザ申請、教育移住、賃貸物件のご紹介、事業進出サポートなど、
マレーシア、ジョホールバルにおけるライフスタイルをトータルコンサルティング

マレーシアデジタルノマドビザ申請

マレーシアデジタルノマドビザ申請

 2022/09/22     

 2022/09/22

デジタルノマドビザの概要

デジタルノマドビザ(DE Rantau Nomad Pass)は、IT・デジタル分野で活躍するフリーランサーやリモートワーカーに向けたマレーシアの長期滞在ビザです。MDEC(Malaysia Degital Economy Corporation)というマレーシアの政府機関が管轄しています。

2022年10月1日から運用が開始されます。

※不明点もあるため、詳細はわかり次第順次更新いたします。

デジタルノマドビザのメリット

  1. 最長2年のマレーシア長期滞在が可能

    3ヶ月~12ヶ月の期間で滞在が可能ですが、最長12ヶ月の更新も可能です。

  2. ご家族のビザも取得可能

    配偶者とお子様の帯同が可能です。

  3. 緩やかな取得条件

    ビザ申請に必要な年収としては、USD24,000以上であることが求められており、比較的緩やかな条件となっています。

デジタルノマドビザの申請条件

年齢 規定なし
就業形態
  • フリーランス、個人事業主
  • リモートワーカー(フルタイムまたはパートタイム)、企業に所属し出社の必要性がない方
業種

以下のいずれかの業種に当てはまること

  • IT系: ソフトウェア開発、UX、UI、クラウド、サイバーセキュリティ、ブロックチェーン、AI、機械学習、データ関連
  • デジタルマーケティング
  • デジタルコンテンツ制作
  • デジタルコンテンツ開発(デジタル領域関連業務)
年収 USD24,000以上

デジタルノマドビザの申請書類

1. 業務(雇用)証明書類

A. フリーランス、個人事業主

・有効な業務委託契約書

※残存契約期間が3ヶ月以上である必要がありますが、複数の契約にまたがっていても構いません。

※業務契約はマレーシア国内または国外の企業どちらでも構いません。

B. リモートワーカー

・有効な雇用契約書

※残存契約期間が3ヶ月以上である必要があります。

※マレーシア国外の企業との契約である必要があります。

デジタルノマドビザの申請・取得までの流れ

詳細がわかり次第、順次更新いたします。

サポート内容 & 費用

デジタルノマドビザの申請・取得をサポートいたします。

サポート
内容
デジタルノマドビザの申請・取得サポート
料金

単身申請: RM7,000

夫婦申請: RM8,000

お子様: 別途RM1,000 / 名

  • 書類の翻訳にかかる費用、政府へ支払うビザ申請手数料(申請者RM1,000、帯同者RM500)は含まれておりません。

デジタルノマドビザ取得に関するお問い合わせ

マレーシア長期滞在ビザの選択肢の1つとしてデジタルノマドビザの取得を検討されている方は、弊社へご相談くださいませ。

トップに戻る