マレーシア移住をサポート
MM2Hビザ取得、物件管理、移住、事業進出サポートなど、
マレーシア、ジョホールバルにおけるライフスタイルをトータルコンサルティング

マレーシア移住で気になる、現地の保険事情について

マレーシア移住で気になる、現地の保険事情について

 2020/07/01     

マレーシアでの移住生活を送るにあたって、保険について気になるかと思います。

本ページでは、マレーシア移住後にどのような保険への加入が検討されるか、ここでは主な2つをご紹介したいと思います。

医療保険

マレーシア移住で気になる、現地の保険事情について(医療保険)

海外での生活となると、誰しも医療費を心配されると思います。

日本は健康保険は皆保険のため、医療費と言っても国が多くをサポートしてくれます。(もちろん皆様の保険料で成り立っていますが。)

その前提で海外に行くととんでもない目にあうこともしばしばです。

マレーシアでの医療費は10割自己負担

マレーシアでの医療費は、10割自己負担が普通です。

その意味では、日本では3割負担になるので、日本の医療費の3倍強の負担を強いられることになります。

クリニック等での治療費は、マレーシアに移住した場合の1ヶ月の生活費とは?でも説明していますが、入院などを考慮するとやはり海外旅行疾病保険などには加入されていることをお勧めします。

日本のクレジットカードを持たれている方は、そのクレジットカードに付帯する海外旅行保険も活用できます。

ですが、この付帯保険ですと「日本出国後90日以内」のサポートだったりします。

そのため、90日を超えての保険という意味ではなんらか他の保険への加入を考えておくのがよいと思います。

日本に住民票を残したままマレーシアに移住する場合は、国民健康保険を活用することもできる

日本に住民票を残したままの方が、マレーシアで医療を受けることになった場合、帰国後に申請をすれば、医療費を負担してもらえたりもします。

みなさんが所属する自治体に「海外療養費」の扱いを聞いてみてください。

多くの場合、日本で治療を受けたケースに当てはめて、保険分を負担してくれます。

日本の住民票を抜いてマレーシアに来る場合、現地での保険に加入して何かの場合に備えると安心できます。

マレーシアで外国人が入れる保険(一例)

Tokio Marine Insurans(東京海上)

保険の内容としては、以下のような補償内容です。

この補償内容で、年齢に応じた一年の保険料を支払う形になります。

残念ながら、日々の治療代をカバーする保険ではなく入院を必要とする場合の保険になります。

ぜひ、保険内容を吟味して、適切な保険への加入を検討してください。

40代の方ですと、年間の保険料が5,000円程から9,000円ほどになるでしょうか。

※東京海上さまのページから抜粋

  • 外来患者のメリット
    • * 在宅介護
    • * 外来理学療法治療
    • * 外来がん治療
    • * 入院前診断テストと専門家の相談
    • * 入院後の治療
    • * 外来腎臓透析治療(年間)
  • 入院患者のメリット
    • * 病室&ボード
    • * 外科医料金
    • * 麻酔科医の料金
    • * 集中治療室
    • * 病院サービスと備品
    • * オペレーションシアター
    • * 院内医師訪問
    • 特別なメリット
      • * 臓器移植
      • * 事故による死亡のメリット
      • * 全体的な年間制限とライフタイム制限

    ● Prudential、 Great Eastern、 AIA

    こちらも、日々の治療代をカバーする保険ではなく入院を必要とする場合の保険になります。
    生命保険が付随しているものが多く、そのほかにがん保険や就業不能保険などと併せて加入することができます。

    MediSavers

    年間制限やライフタイム制限がなく生命保険への加入も自由な保険です。また年一回の無料健康診断がついていたりします。
    年齢に応じた保険料を支払い、比較的安く保証額が高い保険になります。

    RHB Max Personal Accident Insurance

    こちらは、年間4,000円程度の保険料で、ケガによる治療費をカバーする保険を提供しています。
    オプションで、デング熱やマラリアなど特定の病気にかかった際の医療費もカバー可能です。

車の保険

マレーシアで車を購入すると、自動車保険への加入は必須です。

マレーシアの自動車保険では、最低限の保険内容となるのが普通です。日本でいう対人・対物に1億円の保険などかける人はいません。せいぜい日本円で300万円程度の保険です。

また、マレーシアではフロントガラスが割れる(小石が混んでくる)ことがしばしばですが、そうしたフロントガラスの保険はオプションだったりします。そのため、自分がどのぐらいの保障の保険に加入したいかはしっかりと確認した上で、加入することをお勧めします。

万一の時に、加入していた保険が役に立たないことも多数ありますので、気をつけましょう。そうした意味では、現地でのサポート会社ともしっかりと関係を築いておいて、信頼できる人間関係も万一に備えて整備しておくのがオススメです。

マレーシア移住で気になる、現地の保険事情について(車の保険)

(補足)ロードタックス(道路税)について

マレーシアで車を購入すると、ロードタックス(道路税)を支払う必要があります。これは、年に1度支払うものになります。
このロードタックスの支払いを怠ると、その車に乗ることは認められませんし、見つかった場合はペナルティの対象になります。ロードタックスの費用は、車のエンジンの大きさによって決まります。
以下のサイトでは、マレーシアでのロードタックスを見積もってくれます。
http://www.oto.my/tool/road-tax-calculator/
エンジンの大きさ、個人所有か、法人所有か、車の登記場所などで変わってきます。
普通車であれば、保険とロードタックスで年間RM1,500前後(約4万円)の費用になるかと思います。
なお、ロードタックスは事前登録すれば、以下のサイトからオンラインでの更新も可能です。
https://www.myeg.com.my/services/jpj

まとめ

マレーシアで移住生活するにあたっての、マレーシアの保険事情についてご紹介いたしました。

手前味噌の話になるかもしれませんが、現地での保険加入はご自身でも簡単にできます。

しかし、保険を利用する時というのは緊急時やご自身では太刀打ちできないことが起こっていること(車での事故や入院しないといけない様なケース)が予想されます。

マレーシアでの移住生活を安心して送れるよう、万一の備えは必要かと思います。もちろん、想定されるマレーシアでの移住期間や、それぞれのご家族の状況によって入る保険もその保障内容も異なってくるでしょう。

ここで紹介しているのはあくまで一例ですので、参考にしていただいたうえで、ご自身に必要な保険を一度確認されてみてください。

弊社では、マレーシア現地の保険に関するご相談も承ることが可能です。ご希望ございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

トップに戻る