マレーシア移住をサポート
MM2Hビザ申請、教育移住、賃貸物件のご紹介、事業進出サポートなど、
マレーシア、ジョホールバルにおけるライフスタイルをトータルコンサルティング

マレーシアでのCovid-19隔離期間が14日から10日に短縮へ

 2020/12/14     

 2020/12/16

マレーシアより、こんにちは。こちらマレーシア情報局です!

ここ最近のマレーシアでは、外国人労働者への徹底的なPCR検査のおかげもあり、新規の陽性者数が高止まり状況です。

回復者の数も以前よりは増えているのですが、それでもまだ陽性者数が優勢な状況です。

そのような状況が続くため、マレーシアではRMCOからCMCOへの変更などより人の移動を制限する方向へと政策を行なっている状況です。

最近では、エリアごとの感染者の状況により、CMCOになったり、RMCOに戻ったりとしている状況です。

2020年11月30日~12月13日におけるマレーシアでのCovid-19感染者状況

そんなマレーシアのCovid-19対応ですが、12/13に久しぶりに明るいニュースの発表がありました。

【参考】"Health Ministry cuts quarantine for travellers, Covid-19 patients and close contacts from 14 days to 10" Malay Mail. 13 Dec 2020(最終閲覧日:2020年12月14日)

マレーシア政府ではこれまで、マレーシアへの入国者やCovid-19陽性者との濃厚接触者に対して一律14日間の隔離期間を設けておりました。が、それを世界の動向に合わせて隔離期間を10日間に4日間短縮するということです。適用は12月14日(月)からとなります。

【2020年12月16日追記】

マレーシアへの渡航3日以内に、スワブ検査を受けた場合、マレーシアでの隔離期間は7日間となります。
渡航前に検査を受けず、マレーシア入国後に検査をして陰性の場合、最長10日間の隔離期間となります。

日本大使館のページに内容詳細が掲載されています。ご確認ください。

【参考】"マレーシア入国時の強制隔離に関する要件(12月15日更新)" 在マレーシア日本国大使館. 15 Dec 2020(最終閲覧日:2020年12月16日)

先日、アメリカ疾病管理センターでも14日間からの短縮を検討中というニュースがありましたし、世界的にも14日間より短い期間でも問題ないだろうという判断になりつつありそうですね。

【参考】"アメリカ、COVID-19の検疫期間を最短7日間に短縮へ…欧州諸国に続いて。WHOも見直しを検討中" Business Insider. 27 Nov 2020(最終閲覧日:2020年12月14日)

欧州の国では、いくつかの国がすでに隔離期間の短縮を行なっているところもあります。

ちなみに、サイト検索をすると以下のような状況です。

ベルギー 7日間の隔離(隔離5日後の検査で陰性の場合)
イギリス 10日間の隔離
ドイツ 10日間の隔離(隔離5日後の検査で陰性の場合は隔離終了)
フランス 7日間の隔離
オランダ 10日間の隔離
ジョージア 12日間の隔離

各国とも、Covid-19の脅威は感じながらも経済も回す必要性があり、可能な範囲での規制緩和を進めている状況です。こうした緩和を行いつつ、それでも感染者が増えないのであればさらに緩和を進めていくという方向になってもらいたいところです。

最終的にはPCR検査で陰性であれば隔離なくとも入国可能な状況にまでなってもらいたいものですね。

また、日本でも同じような緩和政策を選択して欲しいところですが、どうなるでしょうか???

それでは、皆様もSOPを遵守しながら生活してまいりましょう!

マレーシア関連情報を発信中!記事一覧はこちら

トップに戻る