マレーシア移住をサポート
MM2Hビザ申請、物件管理、移住、事業進出サポートなど、
マレーシア、ジョホールバルにおけるライフスタイルをトータルコンサルティング

資産運用としての教育移住オンラインサロンを開催しました!

2020年10月22日、マレーシア教育移住のオンラインサロンを開催いたしました。

ゲストスピーカーとして、クアラルンプール在住8年の諸星きぼう様にご参加いただきました。

普段は投資教育事業を行っていらっしゃいますが、教育移住というところでは、当時小学校6年生だったご子息を連れてマレーシアに来られています。(奥様は日本でお仕事を継続のため、父子での移住です!)

※ブログのご紹介:
諸星きぼう(自由人ダン)の資産運用でお金に働いてもらい、楽しく、自由に、豊かな海外生活
https://ameblo.jp/daichi-megumi/

これまでのマレーシアでの経験、お子様の教育への思いや考えを、たっぷり聞かせていただきました。

サロンは、以下のような流れで進めさせていただきました。

  • ● 自己紹介(諸星様)
    マレーシア移住を決めたきっかけ、移住のためのMM2Hビザを自力で取得した経緯、「住みたいところに住む」を実現するまで。
  • ● 新型コロナウイルス関連のマレーシアでの最新情報を簡単にご紹介
    サバ州での感染増加をきっかけに感染者状況が最近爆発的に増加、サバ州・首都圏ではCMCOを再導入、学校の放課後の活動規制が始まる。
    日本はマレーシアを含む12ヶ国・地域対象に「渡航中止」の解除へ、など。
  • ● 諸星様にマレーシアでの教育移住について、いろいろ質問!

    〇 他の国にも滞在経験がある中で、最終的に移住先としてマレーシアを選んだポイントは?

    〇 8年生活してマレーシアでの生活は期待通りだったか?何かトラブルは?

    〇 自身でMM2Hビザを申請した時の大変さは?

    〇 子供を小学校6年生のタイミングで移住させるのは、リスクではなかったか?(英語力の問題、日本の友人関係、家族との決断)

    〇 子供の今後の進路の予定は?

    〇 マレーシアのインターナショナルスクールでの教育レベルをどう評価している?

    〇 子供への「投資」として、マレーシア教育移住の選択はどうだったか?

  • ● まとめ
    海外教育移住をすると決めたなら、まずは行動しましょう!オンラインからでもいろいろできることがあります!
    子供への投資=「能力への投資」。そして、身に付けた能力は誰にも奪われない資産です。

諸星様のケースでは、お子様ありきの移住ではなく、「住みたいと思うところに住む」というお考えの下、ご自身がマレーシアに移住したいという思いがあっての移住決断になりますね。

移住を決めてから、ビザ申請、そして実際の移住実現までのスピード感・行動力がすごいですね。

結果として、その時々でできるベストなことをして、行動してきたことで、マレーシアでの生活にとても満足されているようでした。

ご参加いただいた方々、ありがとうございました!これからの移住に向けて参考になりましたら幸いです。

そして諸星様、大変貴重なお話しをありがとうございました!

「マレーシア移住のオンラインサロン」は定期的に開催しています。ご興味ございましたら、以下より今後の開催予定をご確認くださいませ。

トップに戻る