マレーシア移住をサポート
MM2Hビザ申請、教育移住、賃貸物件のご紹介、事業進出サポートなど、
マレーシア、ジョホールバルにおけるライフスタイルをトータルコンサルティング

「IB-DPの経験者が語る、インターナショナルスクールのサバイバル術」セミナーのご案内

「IB-DPの経験者が語る、インターナショナルスクールのサバイバル術 」セミナー開催

IB (International Baccalaureate)は、国際バカロレア機構によって提供されている世界的に通用する教育プログラムです。

大学受験に必要となるIB-DP(ディプロマプログラム)は、大学前の2年間の教育課程として特に重要な位置づけとなり、科目選択、試験への取り組み方、最終試験のスコアが大学入学の可能性に大きく影響します。

本セミナーでは、シンガポールのインターナショナルスクールでIB-DPを修了したケイトさんをお招きし、IB-DPの概要から攻略法、注意点までを実体験から解説いただきます。

こんな方にオススメ!

  • これからインターナショナルスクールでご子息を学ばせようとしているご家族
  • IB-DPを選択して、大学進学にチャレンジしようとしているご家族

ぜひ、貴重な生の体験談から、IB-DPを履修しての大学進学までのイメージをグッと深めるきっかけにしていただきたく思います。

セミナー概要

セミナー名
IB-DPの経験者が語る、インターナショナルスクールのサバイバル術(2部構成)
日時(※日本時間)
第1部:2022年6月25日(土)13:00-14:30  第2部:2022年7月2日(土)13:00-14:30
目次(予定)

第1部: 大学受験までの準備期間の効率的な過ごし方&勉強法

  1. ケイトさんのこれまでの教育履歴を年表でご紹介
  2. マレーシア移住前にしておけばよかったこと、移住後に苦労したこと
  3. 英語&日本語のキャッチアップ方法(補習校の活用)
  4. インター校での勉強方法
  5. 大学受験の実際のところ(長期的プランが必要)
  6. 大学の選び方・注意点(MCMというイギリス系学校とUWCの特色、進学先の違い)
  7. シンガポール・マレーシアでの教育移住で良かったことや困ったこと
  8. Q&A

第2部: 大学受験を成功に導くためのIGCSE / IB-DPの科目の選定と必要な勉強ボリューム

  1. 第1部のおさらい
  2. IGCSEの選択 / 必修科目、成績システム
  3. IB-DPの選択 / 必修 / 特殊科目、成績システム
  4. IGCSE から IB-DPカリキュラムの経験談
  5. 学校が提供する進学サポートプログラム
  6. より入学したい大学に近づくためのアプローチ
    1. 早めの行動が重要
    2. 選択した教科を2年間勉強-その注意点とは
    3. SATの受験は複数回可能、2−3回受けるのがベスト(学校からのサポートはない)
    4. 進学する国の目星をつけておこう(国によって必要な準備が違う)
    5. IBはロシアや中国などでは認められていないので注意
  7. Q&A
講師紹介

ケイトさん

2002年生まれ、6歳まで日本で育つ。
2008年~2013年、シンガポールに移住&インターナショナルスクールに通学。
2013年~2017年、Marlborough College Malaysiaに通学。
2017年~2020年、United World College of South East Asia, Singaporeに通学。
2020年~現在、カナダの大学にて勉強中。
※2008年~2017年、シンガポール日本語補習授業校小学校/中学校にて日本語を学ぶ。

視聴方法
オンライン(Zoom)
※アーカイブ動画の視聴のみも可能です。
参加費用
5,300円(2部セミナー、税込)
備考

※セミナーは2部構成です。どちらか1部のみのお申込は受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。

※お申込いただいた方にはアーカイブ動画を配布します。

※マレーシアへの教育移住に関する基本情報は、弊社の無料セミナー「マレーシアへの教育移住~魅力と知っておくべき心得~」で網羅的にお伝えしています。皆さまのご状況・必要に応じて、事前に視聴いただければと思います。

お申込方法

以下よりお支払いへお進みください。

(外部サイトPaypalへ遷移します。支払いが完了し弊社サイト画面へ戻るまではブラウザを閉じないようご注意ください。
お支払い完了後、参加者登録ページに遷移しない場合は、お手数ですがinfo@ikilinks.comまでご連絡ください。)

※お手続きはセミナーにお申込みされる方の名義でお願いいたします。

お申込み形態
トップに戻る