マレーシア移住をサポート
MM2Hビザ申請、物件管理、移住、事業進出サポートなど、
マレーシア、ジョホールバルにおけるライフスタイルをトータルコンサルティング

シンガポール政府は12月28日よりフェーズ3への移行を発表

 2020/12/16     

マレーシアより、こんにちは。こちらマレーシア情報局です!

12月14日に、お隣の国シンガポール政府より、12月28日よりフェーズ3に移行するとの発表がありました

【参考】"Singapore to start Phase 3 of COVID-19 reopening on Dec 28" CNA. 14 Dec 2020(最終閲覧日:2020年12月16日)

一時期、シンガポールでは外国人労働者による感染増加のタイミングもありましたが、その後はしっかりと国内の感染者をコントロールし、着実に封じ込めの成果を出している印象です。着々と経済回復に向けて進んでいますね。すばらしい!!

シンガポールは、ご存知のように国際ハブとしての機能を武器に国の価値を高めてきていますが、今回のコロナにより、金融面はシステム化されておりリモートでも対応可能ですが、人の往来部分では大打撃を受けています。特に運輸業や観光業のビジネスは人の往来が難しい現在では壊滅的な影響を受けているのではないでしょうか?

そうした意味では、シンガポール政府としても安全を維持しながら、早期に経済の回復を図っていきたい思いは山々だと思います。シンガポール政府のコロナ規制は以下のように推移してきました。

シンガポールでのCovid-19感染抑制対策推移
①サーキットブレーカー 4月7日~6月1日
②フェーズ1 6月2日~6月18日
③フェーズ2 6月19日~12月27日
④フェーズ3 12月28日~

私はマレーシア在住なのでシンガポールでの規制の大変さを味わっているわけではありませんが、ルール違反には厳しい対応を取っていた印象です。そうした厳しさがあったために、ここまで推移していると考えると、やはりある程度の人の往来の犠牲はやむを得なかったとも考えられますね。

こうした経緯、試行錯誤があるなかで、シンガポールは早期の国際ハブとしての機能を復活させたく、リスクの低い国との国境緩和も進めていますね。ブルネイやニュージランドとは、14日間それらの国に滞在していた人で、検査が陰性の場合はシンガポール入国での規制を行わない形となっています。

最近では、香港との往来も緩和見通しでしたが、香港側での感染者増加の状況を受けて、現在は見送りとなっています。

シンガポールがコロナ封じ込めに成功し、国際ハブとしての機能を早期に回復させれば、さらにシンガポールの国としても価値も高まるのではないかと思われます。

一方のマレーシアでは、日本同様にコロナ感染者の急増という局面になるため、シンガポールの成功を参考によりよい規制のあり方を模索されるのも良いかもしれませんね。

マレーシア関連情報を発信中!記事一覧はこちら

トップに戻る