マレーシア移住をサポート
MM2Hビザ申請、物件管理、移住、事業進出サポートなど、
マレーシア、ジョホールバルにおけるライフスタイルをトータルコンサルティング

ジョホールバルのおすすめグルメ【ペーパーチキン編】

 2020/12/09     

ジョホールバルより、こんにちは。こちらマレーシア情報局です!

マレーシアは多民族国家として有名ですが、さまざまな民族が生活している国であるために、さまざまな民族料理を安く美味しく楽しむこともできるのがマレーシアです。

マレーシアに移住する日本人の皆様も、マレーシアでのソールフードを語れる人は多いですね。

日本に帰国してても、そのソールフードを食べないとイライラしてしまうような少し時間が経つと食べたくなるような料理達ですね。

今回ご紹介するのは、チキン料理の代表選手であるペーパーチキンです。

ペーパーチキンというとシンガポールのヒルマンレストランが有名ですね。

しかし、マレーシアとシンガポールはほぼ地続きなエリアですから、同じような郷土料理を楽しむエリアでもあります。

若干のテイストや料理の仕方などはエリアによって違う部分もありますが、それはそれでいろいろな味を楽しめますよね。

ペーパーチキンもシンガポールだけではなく、マレーシアでも食べられる料理です。

ジョホールバルで、ペーパーチキンを食べたいなぁと思ったら、ぜひこちらのお店に行ってみてください。

德星茶餐室 (Restaurant Teck Sing Sdn. Bhd.)

場所はタマンセントーサというところで、かなりローカル色の濃いエリアになります。

しかし、お店はしっかりと清潔感のあるお店で、エアコンの効いた店内で食事をすることが可能です。

日曜日の昼下がりでしたが、ローカルのご家族たちがペーパーチキンを堪能していました。

こちらのペーパーチキンは、紹興酒や醤油といった秘伝のタレにつけた上で、紙に包み、蒸した料理になります。

一つの包みにチキン一匹が丸々料理されているのですが、とてもジューシーなお肉で、味もしっかりとしみ込んでいてとても美味しいです。

一度食べ始めると、止まらなくなるほどの美味しさで、この手の込んでいる料理がRM30で楽しめます。

お店では、それ以外にも中華料理をベースとした料理を提供してくれますので、ペーパーチキンをメインにしつつ、野菜、魚料理なども堪能できます。

今後も楽しいマレーシアでのお食事事情などもお知らせしていきますね。

こんな料理を取り上げてほしいというのがあれば、ぜひ、お知らせください。

德星茶餐室 (Restaurant Teck Sing Sdn. Bhd.)

住所:3&5, Jalan Sutera 1, Taman Sentosa, 80150 Johor Bahru, Johor

電話:07-334-7025

公式サイト:http://www.tecksing.com/

マレーシア関連情報を発信中!記事一覧はこちら

トップに戻る