マレーシア移住をサポート
MM2Hビザ申請、物件管理、移住、事業進出サポートなど、
マレーシア、ジョホールバルにおけるライフスタイルをトータルコンサルティング

日本からマレーシアへの国際郵便物が引受停止に

 2020/11/03     

 2020/11/20

ジョホールバルより、こんにちは。こちらマレーシア情報局です!

コロナの影響により国際物流にも影響が出ていますが、マレーシアへの国際郵便物の引受が一時停止となる旨、2020年10月30日に日本郵政より発表がありました。今回の変更では、EMSと航空郵便物が引受停止対象となっています。

詳細は以下のページでご確認ください。

国際郵便物の引受停止について(日本郵便サイトへ)

とは言え、日本からマレーシアへの郵送が完全にできないかというと、FedExやDHLなどの民間サービスを活用することで日本からマレーシアへの郵送は可能です。

必要に応じてそうした民間サービスをご活用ください。

【2020年11月20日追記】

11月24日(火)からEMSと航空郵便物の引受が再開となります。

一部の国際郵便物の引受再開等について(11月20日更新)(日本郵便サイトへ)

しかしながら、これだけ日本への帰国のタイミングがなくなると、普段であれば日本で調達してマレーシアで活用していたものの調達にも国際配送を使ってしまいたくなりますよね???

しかし、その場合はマレーシアへ輸入して良い商品かどうかを事前にしっかり確認してからにしましょう。品物によっては警告をもらうケースがありますので注意しましょう。

そんな私も妻に頼まれ、ちょっとしたコスメを日本のアマゾンで購入してマレーシアの住所に送ってもらったのですが、なんとピンク色の警告書が届けられてしまいました。

普段であればスーツケースに入れてマレーシアに入国すれば問題ない品物でも、郵送サービスを使ってのマレーシアへの持ち込みになると輸入と見なされ、厳しくチェックされます。

その意味でも、自分たちが日本からマレーシアに郵送したいものは問題ないものかを確認して、手続きするようにしましょう。

ちなみに、私が受け取った警告書には、薬、サプリメント、化粧品&コスメ商品は、事前に輸入許可をもらっていないと輸入してはいけない商品になっているとのことでした汗

これは個人で使用する目的のものでも対象になりますので、ご注意ください。

どんなものが輸入規制となっているかは、以下の情報が参考になります。

マレーシアへ輸出する際の注意事項(ヤマトロジスティクスサイトへ)

マレーシア関連情報を発信中!記事一覧はこちら

トップに戻る