マレーシア移住をサポート
MM2Hビザ申請、物件管理、移住、事業進出サポートなど、
マレーシア、ジョホールバルにおけるライフスタイルをトータルコンサルティング

一度は訪れたい!マレーシア魅惑のリゾート地『ラワ島』とは!?

一度は訪れたい!マレーシア魅惑のリゾート地『ラワ島』とは!?

 2020/07/14     

 2020/10/20

ラワ島より、こんにちは。こちらマレーシア情報局です!

本日は、
マレーシア魅惑のリゾート地『ラワ島』」についてご紹介します。

マレーシアの行動制限令も緩和され、インターナショナルスクールもお休みに入りましたので、家族でジョホール州のリゾート地「ラワ島」に遊びに行ってきました。

弊社のサイトのトップページで使っている画像もラワ島ですね。

このラワ島は、ジョホールバルやシンガポールからですと、大変行きやすい自然の楽園です。

(日本からラワ島を選択するか???と言われると、他の選択肢を選びそうですが。。)

マレーシアやシンガポールに長期滞在しているなら、一度は行ってもらいたい島がラワ島です。

老若男女に気に入ってもらえる島だと思います。そんな私は、ジョホールバル周辺のリゾート島に4回もお邪魔しています。

ラワ島は3回目ですね。それだけ好きな島なのです。

そんなラワ島の楽しみ方をご紹介しますね。

予約方法

宿泊の予約は、以下のページより可能です。

Rawa Island Resort: https://rawaislandresort.com

基本的なパッケージは、2泊3日のツアーで、宿泊費、現地での食事、ボート代が含まれた価格になっています。

別途費用が必要になるのは、以下のものでしょうか。

  1. ○ メルシンのボート乗り場での駐車場代
  2. ○ ラワ島内での飲み物代
  3. ○ ラワ島内での各種アクティビティ代

行き方

メルシンのボート乗り場。ここからラワ島へ。

ジョホールバルからですと、メルシンというボート乗り場まで車で移動します。混んでいなければ、2時間程度のドライブです。高速道路などなく、延々と田舎道を進みます。毎日、2、3便のボートが運営されていますが、その時間に合わせての移動ですね。

メルシンにあるラワアイランドの事務所に車を駐車し、チェックインを済ませます。時間になるとボートに案内されるので、いざボート移動になります。ボートには20分ほど乗りますが、そうするとラワ島に到着です。ボートに乗っている間は、それほど波は高くなく、船酔いなどの心配は少ないです。

遊び方

ラワ島の澄んだ海でシュノーケリングが楽しめます。

ラワ島は、波も高くなく、お子様でも安心して遊べるエリアです。白い砂浜で、綺麗な海が皆さんを迎えてくれます。

浜辺から少し泳げば、すぐにサンゴ礁があり、たくさんの魚が泳いでいます。子供達に人気のニモにも会えますので、シュノーケリングでも十分に楽しめます。

その他、各種アクティビティのレンタルも揃っていますので、手ぶらで来ても大丈夫です。

白い砂浜では、日々携帯電話などを使って溜まっている電波をアーシングするのにも良いそうです。

島は小さいので島周辺のトレッキングも可能です。若干の勾配はありますので、靴などをご用意されると良いですね。高いところからの眺めはまた良いものです。

お食事

ラワ島でのバイキング形式の食事

食事は、バイキング形式で3食食べられます。

自分で食べたいものを食べたいだけ選べますので、ありがたいですね。味付けは、日本人の我々にも馴染める味付けですので、安心できます。コーヒー、紅茶などの飲み物はあります。朝食時にはオレンジジュースなどもありますね。

アルコールも提供してくれます。レストランやビーチ近くのバーでピール、ワイン、カクテルなどを楽しめます。

朝ごはんの時に、食パンを確保し、海の小魚に分けてやると、とてもたくさんの魚に囲まれます。

宿泊施設

ラワ島の宿泊施設のお部屋

宿泊施設は、ベッド、トイレ、シャワーなど基本的な施設が完備されています。建物自体は古いですが、2、3泊するのには困りません。

室内で使うシャンプーなども備わっているものを使います。島内ではゴミ処理や洗濯などをしていません。すべて本島に持って行って処分しています。

これも島の環境維持のためにそうしているそうです。おかげで島は、常に自然豊かで海も綺麗で、本当にありがたいですね。

ぜひ、皆様も機会があれば一度は『ラワ島』を訪れてみてくださいね。

マレーシア関連情報を発信中!記事一覧はこちら

トップに戻る